▼English Page




天保二年創業 愛媛・今治



山丹正宗の醸造元である八木酒造部は、江戸時代、幕末の足音が聞こえ始めた1831年(天保2年)に、愛媛県今治市にて創業いたしました。

 銘柄の由来は、創始者八木治兵衛が出身地に因んで屋号を「丹波屋」とし、その紋である「」と、酒のキレの良さを名刀"正宗"にあやかり、「正宗」としたと伝えられています。平成8年からは「」が読みにくいことから、ロゴを「山丹正宗」に変更しました。ロゴのデザインは政府広報や関西国際空港のシンボルマークのデザインで名高い、松井桂三先生によるもので、平成9年に日本パッケージデザイン大賞の金賞を受賞しました。

 山丹正宗は創業以来、品質一筋の酒造りに情熱をかたむけています。丹精込めて造りあげた山丹正宗の高品質をうらづけるものとして、独立行政法人酒類総合研究所主催の全国新酒鑑評会で最優秀の金賞を多数受賞し、その他各品評会でも優秀な成績に輝き、高い評価を得ています。



 

地元にこだわり続けています


山丹正宗は地元愛媛の米・水・技術にこだわっています。
 


酒米として山田錦や雄町が有名ですが、山丹正宗は地元で古くからなじみの深い酒米「松山三井」や、愛媛県が開発した酒造好適米「しずく媛」、四国の軽井沢と呼ばれる久万高原町の清流で育まれた減農薬米「フクヒカリ」などを用い、生産量の9割以上を地元産米での酒造りを行っています。

麹・酵母の育ち方一つで、仕上がりの味がまったくちがったものになります。 温度管理の難しい菌、酸味が強くなる菌、良い香りがでやすい菌、などなど酵母菌も材料、天候、季節などで何種類もの中から杜氏が仕上がりの味を想像しながら、ブレンドし使用します。

そこには明確な数式や条件は無く、幾年も経験を積んだ杜氏によって決ります。
 


また、酒造りに欠かせない良質な水は、西日本最高峰の石槌山と、それに連なる四国山脈からの清冽な伏流水を用いております。この水は昭和天皇が今治を訪れた際、お茶の水に選ばれています。
 


 

商品化への取組み


大規模な酒造所のように一度に何万リットルも仕込み、低価格化と味に対する均一化を図ることは、山丹正宗ではできません。

ですが、仕込む度に若干ではありますが、造り手の意志やその時の自然の環境などで、味の変化が生まれ違いを楽しめます。

また、小ロットの仕込みだからこそ、完璧に管理が行き届き、杜氏自らが思いを込め仕込み胸を張っておすすめできる酒に仕上がります。

特徴のある酒造りで他社に無い、商品開発を積極的に行っております。

山丹正宗にしかできない、「アイデンティティ」「クオリティ」「オリジナリティ」を大切にした酒造りを山丹正宗はおこなって参ります。

 
酒蔵に飾られている数々の受賞暦は蔵人達の励みになっております。

 
   

会社概要

    
会社名 株式会社八木酒造部
代表社名 代表取締役社長 八木 伸樹
業種 日本酒製造・販売
創業 1831年(天保2年)
設立 1950年10月3日
資本金 15,750千円
従業員数 9名
住所 〒794-0042
愛媛県今治市旭町3丁目3番地8
電話番号 0898-22-6700
FAX番号 0898-33-0276
E-Mail info@yamatan.jp
HP https://www.yamatan.jp/


 

受賞歴

  
昭和56年 国税庁醸造試験所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
昭和57年 国税庁醸造試験所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
昭和58年 国税庁醸造試験所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞(1号蔵)
昭和58年 国税庁醸造試験所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞(2号蔵)
昭和60年 国税庁醸造試験所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
昭和61年 国税庁醸造試験所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
昭和62年 雑誌「特選街」全国きき酒コンテスト純米の部 第1位
昭和63年 雑誌「特選街」全国きき酒コンテスト純米の部 第2位
平成元年 国税庁醸造試験所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成元年 雑誌「特選街」全国きき酒コンテスト純米の部 第2位
平成元年 酒の日本一を決める第一回「酒祭り」 純米酒 第3位
平成 4年 国税庁醸造試験所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成 6年 雑誌「特選街」全国きき酒コンテスト大吟醸の部 第3位
平成 9年 日本パッケージデザイン大賞 金賞 デザイン/松井桂三
平成14年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成16年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成19年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成20年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成21年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成21年 第29回全国酒類コンクール 純米吟醸・大吟醸の部 第1位(しずく媛 純米吟醸)
平成23年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2011 金賞受賞(丹波屋治兵衛)
平成23年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成24年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2012 金賞受賞(丹波屋治兵衛)
平成24年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成25年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2013 最高金賞受賞(吟醸酒)
平成25年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成26年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2014 最高金賞受賞(吟醸酒)
平成26年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成27年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2015 最高金賞受賞(吟醸酒)
平成27年 愛媛県新酒品評会 県知事賞(第一等)受賞
平成27年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成28年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2016 金賞受賞(吟醸酒)
平成29年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017 金賞受賞(純米酒 松山三井)
平成29年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
平成30年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2018 金賞受賞(純米大吟醸 松山三井)
平成30年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
令和元年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2019 金賞受賞(しずく媛 純米吟醸)
令和元年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 金賞受賞
令和元年 ロンドン酒チャレンジ2019 プラチナ賞受賞 (純米大吟醸 松山三井)
令和2年 ワイングラスでおいしい日本酒アワード2020 最高金賞受賞(しずく媛 純米吟醸)
令和2年 酒類総合研究所主催 全国新酒鑑評会 入賞受賞(決審中止)

 
 

 
 



Founded in 1831, Imabari, Ehime



Yamatan-masamune brewer Yagi-Shuzōbu Sake Brewery was founded in Imabari-shi City, Ehime Prefecture in 1831, just as Edo period was coming to a close.

 The origins go back to when founder YAGI Jihei named the shop Tanba-ya after his birthplace, which had the (Yamatan) crest. Likening the sharp flavor of sake to the legendary sword Masamune, he added them together to name the brand Masamune. Because not everyone could read , the brand name was changed to Yamatan-masamune in 1996. The logo was designed by MATSUI Keizō, highly acclaimed for designing logos for public service announcements and the Kansai International Airport symbol. In 1997, the logo received a gold prize in the Japan Package Design Awards.

 Since the beginning, Yamatan-masamune has been founded on passion and devotion to quality sake brewing. To prove the high quality of Yamatan-masamune made with the greatest of care, it has been highly evaluated with excellent results at contests far and wide, wining gold, the highest prize of the Annual Japan Sake Awards held by the National Research Institute of Brewing, numerous times.



 

Always committed to the region


Yamatan-masamune is devoted to using local Ehime rice, water and techniques.
 


Although Yamada-nishiki and Omachi are famous brands of sake rice, Yamatan-masamune uses agrochemical-reduced rice such as Fukuhikari, nurtured in the clear streams of Kumakōgen-chō, known as Shikoku’s Karuizawa, in addition to Matsuyama-mii, sake rice long familiar to the locals, and Shizukuhime, rice suitable for sake brewing developed by Ehime Prefecture. More than 90% of sake production are made with the rice of Ehime.

The taste of the finished product can be completely different, depending on how the kōji culture and kōbo yeast are grown. With ingredients, weather, and season in mind, the brew master (tōji) carefully selects from various kinds of micro-organisms: bacteria with difficult temperature control, with strong acidity, or that easily produce a good scent. The tōji blends them together as he imagines the final flavor.

There are no designated recipes or conditions. It’s all up to the tōji, who has many years of experience.
 

”Staying in tune with sake” - Tōji


The high-quality water indispensable for sake brewing uses the clear underground spring water flowing out of sources from Mount Ishizuchi, the highest peak in western Japan, and connecting Shikoku Mountains. This water was selected to serve tea to Emperor Shōwa when he visited Imabari.
 


Mt. Ishizuchi, the highest peak in western Japan Clear underground water from the Shikoku Mountains




 

The road to merchandizing


Unlike a large-scale sake brewery, Yamatan-masamune cannot prepare tens of thousands of liters of sake at a time to reduce the price and make the taste uniform.

However, each time the sake is prepared, a subtle difference brought about perhaps by the creator’s intention or the natural environment can be enjoyed.

Being prepared in small lots also allows perfect control and the final product is one that the tōji has put his whole heart into and can proudly recommend.

With unique sake brewing, we are enthusiastically developing products that you will not find at other brewers.

We will continue to brew sake that values identity, quality, and originality, only possible by Yamatan-masamune.

 
Brewers are encouraged by the history of numerous awards displayed in the brewery.

Brewers are encouraged by the history of numerous awards displayed in the brewery.

 
 

 

Company Overview

    
Company Name: YAGI SHUZŌBU Co., Ltd.
Representative: YAGI Nobuki, President
Business Type: Manufacture and sales of Japanese sake
Founded: 1831
Established: October 3, 1950
Capital: 15,750 thousand yen
Number of Employees: 9
Address: 3-3-8 Asahi-machi, Imabari-shi City, Ehime, Japan
Phone: +81-(0)898-22-6700
FAX: +81-(0)898-33-0276
E-Mail: info@yamatan.jp
Official website: https://www.yamatan.jp/


 

Awards

  
1981 Gold Prize, National Tax Agency, National New Sake Appraising and Deliberating Fair
1982 Gold Prize, National Tax Agency, National New Sake Appraising and Deliberating Fair
1983 Gold Prize, National Tax Agency, National New Sake Appraising and Deliberating Fair(No. 1 warehouse)
1983 Gold Prize, National Tax Agency, National New Sake Appraising and Deliberating Fair(No. 2 warehouse)
1985 Gold Prize, National Tax Agency, National New Sake Appraising and Deliberating Fair
1986 Gold Prize, National Tax Agency, National New Sake Appraising and Deliberating Fair
1987 First Prize, Tokusengai Magazine National Kikizake Contest, Junmai Category
1988 Second Prize, Tokusengai Magazine National Kikizake Contest, Junmai Category
1989 Gold Prize, National Tax Agency, National New Sake Appraising and Deliberating Fair
1989 Second Prize, Tokusengai Magazine National Kikizake Contest, Junmai Category
1989 Third Prize, First Sake Festival to Determine Japan’s Best, Junmaishu
1992 Gold Prize, National Tax Agency, National New Sake Appraising and Deliberating Fair
1994 Third Prize, Tokusengai Magazine National Kikizake Contest, Daiginjō Category
1997 Gold Prize, Japan Package Design Awards (Design by MATSUI Keizō)
2002 Gold Prize, National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards
2004 Gold Prize, National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards
2007 Gold Prize, National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards
2008 Gold Prize, National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards
2009 Gold Prize, National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards
2009 First Prize, 29th National Liquor Competition, Junmaiginjō and Daiginjō Categories (Shizukuhime, Junmai-ginjō)
2011 Gold Medal, The Fine Sake Awards Japan 2011 (Tambaya Jihei)
2011 Gold Prize, National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards
2012 Gold Medal, The Fine Sake Awards Japan 2012 (Tambaya Jihei)
2012 Gold Prize, National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards
2013 Grand Gold Medal, The Fine Sake Awards Japan 2013 (Ginjōshu)
2013 Gold Prize, National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards
2014 Grand Gold Medal, The Fine Sake Awards Japan 2014 (Ginjōshu)
2014 Gold Prize, National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards
2015 Grand Gold Medal, The Fine Sake Awards Japan 2015 (Ginjōshu)
2015 Governor’s Award (First Prize), Ehime Prefecture New Sake Competition
2015 Gold Prize, National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards
2016 Gold Medal, The Fine Sake Awards Japan 2016 (Ginjōshu)
2017 Gold Medal, The Fine Sake Awards Japan 2017 (Junmai-shu, Matsuyama-mii)
2017 Gold Prize, National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards
2018 Gold Medal, The Fine Sake Awards Japan 2018 (Junmai-daiginjō, Matsuyama-mii)
2018 Gold Prize, National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards
2019 Gold Medal, The Fine Sake Awards Japan 2019 (Shizukuhime Junmai-ginjō)
2019 Gold Prize, National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards
2019 Platinum Award, London Sake Challenge 2019 (Junmai-daiginjō Matsuyama-mii)
2020 Grand Gold Medal, The Fine Sake Awards Japan 2020 (Shizukuhime Junmai-ginjō)
2020 Prize Winner (final judging cancelled), National Research Institute of Brewing, Annual Japan Sake Awards

 
 

 
Top